準決勝
①             

   1   2   3   4   5   6   7   合計 
 しらさぎファイターズ   1  0  0  8  1      10
 書写ブラザーズ  0  0  1  2  0      3


しらさぎファイターズが4回に打線爆発。特にクリーンアップは迫力満点。
書写ブラザーズも3番4番の連打で反撃を見せたが、大量失点が響いた。

    

準決勝

   1   2   3   4   5   6   7   合計 
 飾磨・インパルス     0  0  0  0  0  0  0  0
 旭陽パワーズ 2  1  0  0  0  0  ×  3


旭陽パワーズは初回に手堅くスクイズで先制すると、足を絡めて2点目を追加。
投げては、5年生の投手が危なげなく完封勝利。飾磨・インパルスはリリーフが好投したが、挽回できなかった。




決勝
   1   2   3   4   5   6   7   合計 
旭陽パワーズ         0  0  0  0  2  0 0  2
 しらさぎファイターズ  0  0  0  0  0  1  0  1

旭陽パワーズが投手戦を制し、優勝しました。